About

現代版「シラノ・ド・ベルジュラック」日本初上陸!!

「シラノ・ド・ベルジュラック」は17世紀フランスに実在した詩人にして、剣豪で、勇気のあるシラノを主人公にした、エドモン・ロスタン作の戯曲です。大きな鼻のコンプレックスに悩みながらも、一人の女性を慕い続けた壮麗で高潔無比で自由な精神を持つシラノの永遠の愛の物語は、1897年に初演されて以来、世界各地で上演が繰り返され、たくさんの人を魅了してきました。そして、2019年秋~2020年までロンドンのプレイハウス・シアターでジェイミー・ロイドの演出によって上演された際に、マーティン・クリンプによって現代的な脚色がなされ、前代未聞の全く新しい「シラノ・ド・ベルジュラック」が誕生。ローレンス・オリヴィエ賞でリバイバル賞を受賞し、世界中から絶賛されました。このマーティン・クリンプ脚色版の傑作をついに日本で初めての上演いたします。

“永遠の愛に殉ずる男”シラノ・ド・ベルジュラック役に古川雄大!! 10年ぶりのストレートプレイ主演に挑む!

連続テレビ小説「エール」、映画「コンフィデンスマンJP」など数々の話題作に出演し、近年では連続ドラマ「私の正しいお兄ちゃん」、「女の戦争~バチェラー殺人事件~」など主演作も続く、確かな演技力で話題の古川雄大。今回、ミュージカルの舞台から満を持して、ストレートプレイにて10年ぶりに主演を務めることになりました。正統派な役から個性豊かな役まで幅広い役を演じ、まだまだ役者として成長し続ける古川雄大が、美しい心を持つ英傑なシラノを、初めて立つ東京芸術劇場プレイハウスで存分に表現します。

“言葉で戦う演劇”を綾なす個性あふれるキャストが集結!

美しくて理知的なロクサーヌを演じるのは、モデルをはじめ、ドラマや映画で主演を務めるなど幅広く活躍し、多彩な演技力を持つ馬場ふみか。口下手で学識のないクリスチャンを演じるのは、見る人を惹きつける確かな演技力で数々の舞台やミュージカルに出演している浜中文一。シラノの仲間であるリニエール役には、古典から現代劇までジャンルの垣根を超えた役を演じ、柔軟な演技力が持ち味の大鶴佐助。シラノの頼りになる親友、ル・プレ役には翻訳劇から井上ひさし作品まで広く出演し、様々な演出家からの信頼も厚い実力派俳優の章平。シラノを敵対視する横暴な伯爵ド・ギーシュ役には、俳優としてだけではなく放送作家としても活躍しマルチな才能を持つ堀部圭亮。さらに、恋するロクサーヌを支えるマダム・ラグノを演じるのは、“最後のアングラ女優”とも言われ、変幻自在な演技力でドラマや映画など多彩に活躍し、確固たる存在を確立している銀粉蝶が務めます。

イギリス演劇にも造詣の深い実力派、谷 賢一が翻訳・演出!!

孤独な個人の声を拾い上げる実験公演や、2年半に渡るリサーチを経て書き下ろした『福島三部作』など、異色の演出で注目されている谷 賢一が翻訳・演出を手掛けます。イギリスで演劇学を学び、翻訳だけでなく、外国演出家の作品の演出補や台本執筆なども行っており、国内外問わず人気のある谷 賢一が手掛ける新しい「シラノ・ド・ベルジュラック」、どうぞご期待ください。

Cast

古川雄大

シラノ・ド・ベルジュラック

古川雄大

シラノといえば、あの特徴的な鼻。しかし今回はその鼻をつけずに、セットも飾らず、当時の衣装も着ず、小道具も使わず、身体と言葉だけで表現する新しい演出になっており、そこに原作で語られる詩の美しさの表現としてラップを加え、現代版「シラノ・ド・ベルジュラック」として、生まれ変わった作品の日本初演を務めることができて本当に光栄です。そして僕自身、10年ぶりのストレートプレイ主演という挑戦になります。
最高の作品を、そしてシラノの淡い恋物語の中に隠されるさまざまなメッセージを皆様にお届けできるように努めます。ご期待ください。

2007年にテレビドラマ『風魔の小次郎』で俳優デビュー、2019年に菊田一夫演劇賞を受賞。ドラマや映画、アーティスト活動など、幅広いジャンルで活躍している。主な作品は、【舞台】ミュージカル『モーツァルト!』(21.18)、『INSPIRE 陰陽師』(21)、ミュージカル『エリザベート』(19.16.15.12)ミュージカル『ロミオ&ジュリエット』(19.17.13)、ミュージカル『黒執事』(17.16.15)、ミュージカル『マリー・アントワネット』(18)、ミュージカル『レディ・ベス』(17.14)ミュージカル『1789-バスティーユの恋人たち』(16)【ドラマ】『私の正しいお兄ちゃん』(FOD-21年10月~)、『恋です!〜ヤンキー君と白杖ガール〜』(NTV-21年10月~)、『女の戦争~バチェラー殺人事件~』(TX-21)、連続テレビ小説『エール』(NHK-20)『トップナイフ-天才脳外科医の条件-』(NTV-20)『下町ロケット』(TBS-18)【映画】『コンフィデンスマンJP プリンセス編』(20)など。

馬場ふみか

ロクサーヌ

馬場ふみか

1995年生まれ。新潟県出身。2014年に映画『パズル』で女優デビューし、女性ファッション誌「non-no」で専属モデルを務めるなど、女優・モデルとして幅広く活躍している。主な作品は、【ドラマ】『イチケイのカラス』(CX-21)、『DIVE!!』(TX-21)、『3Bの恋人』(EX-21)、ドラマ特区『ねぇ先生、知らないの?』(MBS-19)、NHKよるドラ『決してマネしないでください。』(NHK-19)『百合だのかんだの』(CX-19)『深夜のダメ恋図鑑』(EX-18)、『コード・ブルー ドクターヘリ緊急救命』(CX-17)、『仮面ライダードライブ』(ANB-14~15)【映画】『AWAKE』、『糸』(20)、『クソ野郎と美しき世界』(18)、『劇場版コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命-』(17)、『黒い暴動♡』(16)【舞台】つかこうへい演劇祭-没後10年に祈る-『改竄 熱海殺人事件 ザ・ロンゲストスプリング』(20)、『恐るべき子供たち』(19)、『ちるらん 新撰組鎮魂歌』(17)など。

浜中文一

クリスチャン

浜中文一

1987年生まれ。大阪府出身。1999年にジャニーズ事務所に入所。関西ジャニーズJr.内のユニット・Veteranのメンバーとして舞台やコンサートに出演。2017年に関西ジャニーズJr.を卒業し、その後舞台を中心に活躍中。朗読劇『リクエストをよろしく』(21/12月~)の出演を控えている。主な作品は、【舞台】ロック☆オペラ『ザ・パンデモニアム・ロック・ショー 〜The Pandemonium Rock Show〜』、劇団☆新感線41周年春興行 Yellow⚡新感線『月影花之丞大逆転』、『スマホを落としただけなのに』(21)、『犬神家の一族』(18)、『Endless SHOCK』(17)、『ガラスの仮面』(16.14)【ドラマ】『彼女はキレイだった』(CX-21)、『初めて恋をした日に読む話』(TBS-19)【映画】『鳩の撃退法』(21)、『関西ジャニーズJr.のお笑いスター誕生!』(17)、『関西ジャニーズJr.の目指せ♪ドリームステージ』(16)など。

大鶴佐助

リニエール

大鶴佐助

1993年生まれ。2005年に映画デビュー。舞台、映画、TVドラマなど幅広く活躍。数々の話題作・大作に出演を果たし、初々しくも伸びやかで変幻自在の愛嬌にあふれた魅力に、演劇界の熱い注目が注がれている。【舞台】『ともだちが来た』『リボルバー~誰が【ゴッホ】を撃ち抜いたんだ?〜』『ピサロ』(21)、『両国花錦闘士』、『ボクの穴、彼の穴。』、『2人芝居 いかけしごむ』(20)、『あれよとサニーは、死んだのさ』、『エダニク』、『Mann ist Mann-男は男だ-』(19)、『豊饒の海』、唐組『吸血姫』(18)、『プレイヤー』、『あたらしいエクスプロージョン』(17)、『ジュリエット通り』(14)【映画】『劇場版ひみつ×戦士 ファントミラージュ!~映画になってちょーだいします~』(19)、『おかあさんの木』(15)【ドラマ】『アイドル×戦士ミラクルちゅーんず!』(TX-17.18)

章平

ル・プレ

章平

1991年生まれ。東京都出身。ミュージカル『テニスの王子様』2ndシーズンに出演し、注目を集める。翻訳劇から井上ひさし作品まで幅広い分野の舞台やミュージカルに出演している。主な作品は、【舞台】『近松心中物語』、『キネマの天地』(21)、ブロードウェイ・オリジナルミュージカル『バーナム』(21)、『天保十二年のシェイクスピア』(20)、ブロードウェイミュージカル『ピーターパン』(18.17)、ウィリアム・シェイクスピア『夏の夜の夢』、『戦国無双 四国遠征の章』(16)、『薄桜鬼SSL 〜sweet school life〜』 THE STAGE、『弱虫ペダル』 IRREGULAR 2つの頂上、『ダイヤのA』 The LIVE(15)、ミュージカル『テニスの王子様』2ndシーズン(12~14)【ドラマ】『薄桜鬼 SSL』(TX-15)【映画】『デスノート Light up the NEW world』(16)、『薄桜鬼SSL〜sweet school life〜THE MOVIE』(16)など。

堀部圭亮

ド・ギーシュ

堀部圭亮

1966年生まれ。東京都出身。1986年、お笑いコンビ「パワーズ」としてデビュー。1991年にパワーズを脱退後、1992年に勝俣州和と「K2」を結成。2008年、ロカルノ国際映画祭短編オフィシャルコンペティション部門にて主演短編「BABIN」が審査員特別賞及び学生審査員賞受賞。NHK連続テレビ小説『カムカムエブリバディ』(21)に出演中。主な作品は、【ドラマ】『全裸監督2』(Netflix-21)、『華麗なる一族』(WOWOW-21)、『トップリーグ』(WOWOW-19)、『科捜研の女』(EX-19)、連続テレビ小説『花子とアン』(NHK-14)、大河ドラマ『花燃ゆ』(NHK-15)、大河ドラマ『平清盛』(NHK-12)、大河ドラマ『新選組!』(NHK-04)【映画】『Fukushima 50』(20)、『決算! 忠臣蔵』(19)、『8年越しの花嫁 奇跡の実話』(17)、『壬生義士伝』(03)【舞台】『華氏451度』(18)、『ペール・ギュント』(15)、『ジャンヌ・ダルク』(14)など。

銀粉蝶

マダム・ラグノ

銀粉蝶

1980年代初頭、劇作家・演出家の生田萬と共に劇団「ブリキの自発団」を創立。独特な個性と実力を兼ね備えた俳優として、数多くの舞台、TVドラマ、映画に出演。2010年、第18回読売演劇大賞 優秀女優賞を受賞。主な作品は、【舞台】『Home,I'm Darling~愛しのマイホーム~』(21)、『女の一生』『ねじまき鳥クロニクル』(20)、『忘れてもらえないの歌』、Bunkamura30周年記念『美しく青く』(19)、シス・カンパニー公演『近松心中物語』、NODA・MAP第22回公演『贋作 桜の森の満開の下』、唐組『吸血姫』(18)、百鬼オペラ『羅生門』(17)、『遠野物語・奇ッ怪其ノ参』、NODA・MAP第20回公演『逆鱗』(16)、『100万回生きたねこ』(15.13)【ドラマ】『#コールドゲーム』(CX-21)、大河ドラマ『麒麟がくる』(NHK-20)、大河ドラマ『花燃ゆ』(NHK-15)、連続テレビ小説『わろてんか』(NHK-17)、連続テレビ小説『梅ちゃん先生』(NHK-12)【映画】『あのこは貴族』『哀愁しんでれら』(21)など多数。

Creative

脚 色

マーティン・クリンプ

1956年生まれ。1980年代より劇作をスタート。英国を代表する劇作家の一人であり、その革新的な劇作のスタイルは常に注目を集めている。1997年『Attempts on Her Life』により、英国国内のみならず国際的に確固たる地位を確立し、以降多数の作品が翻訳され多くの国で上演されている。
英国内ではRoyal Shakespeare Company、National Theatre、Almeida Theatre、Young Vic、Barbican、Theatre de Complicite、The Orange Tree Theatre、Royal Court Theatreをはじめとする多数の劇場で上演されており、「最もその作品が上演されている現代劇作家の1人」とされている。主な作品は「シラノ・ド・ベルジュラック」(19/脚色)、「レッスン・イン・ラブ&ヴァイオレンス」(18/作)、「カントリー」(17/作)、「エンジェル」(04/脚色)、「アテンプツ・オン・ハー・ライフ」(97/作)など。

谷 賢一

翻訳・演出

谷 賢一

これは言葉で戦う演劇です。もちろんすべての演劇が言葉で戦うものですが、『シラノ』はまさに言葉で敵と向き合い、愛を勝ち取ろうとする物語です。日本語の持つ言葉の楽しさ・豊かさに満ちた舞台に仕上げたいと思います。
先日古川雄大さんとも言葉に関するワークショップでお手合わせさせて頂きました。かなりの無茶振りをしたにも関わらず、全くひるまず好奇心旺盛に課題に挑むストイックな姿を見て、その場にいる全員が心奪われてしまいました。めちゃくちゃカッコいい。今から稽古が楽しみです。

1982年5月11日生まれ、福島県出身。明治大学演劇学専攻、英国にて演劇学を学んだ後、2005年劇団DULL-COLORED POP を旗上げ。ポップでロックで文学的な創作スタイルで、脚本・演出ともに高い評価を受けている。13年に『最後の精神分析』の翻訳・演出にて第6回小田島雄志翻訳戯曲賞、文化庁芸術祭優秀賞を受賞。19年には『福島三部作』を一挙上演し第64回岸田國士戯曲賞、第二部『1986年:メビウスの輪』にて第23回鶴屋南北戯曲賞を受賞。一方で、劇団外の活動も活発に行っており、海外演出家とのコラボレーション作品も脚本や演出補として数多く手がけている。最近の主な作品に『LUNGS』(21/演出)、『丘の上、ねむのき産婦人科』(21/作・演出)『17 AGAIN』(21/翻訳・演出)、『チョコレートドーナツ』(20/翻案・脚本)、『人類史』(20/作・演出)、『アンチフィクション』(20/作・演出・出演)、『エブリ・ブリリアント・シング』(20/翻訳・演出)、『マクベス』(19/翻案・演出)、『福島三部作・一挙上演』(19/作・演出)、『三文オペラ』(18/上演台本・演出)など。

Information

東京公演 2022年2月7日(月)~20日(日)
東京芸術劇場 プレイハウス
2月 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20
12:00
13:00
17:00
18:00 P

P:2⽉7⽇(⽉)はプレビュー公演

プレビュー公演は稽古場での創作をお客様の前で上演し、改良や修正を加えながらさらに作品の完成度を高めるための公演です。

大阪公演 2022年2月25日(金)~27日(日)
COOL JAPAN PARK OSAKA TTホール
2月 25 26 27
12:00
15:00
17:00
チケット 2021年12月26日(日)一般発売!
東京公演
通常公演:
10,500円(全席指定・税込)

プレビュー公演:
9,500円(2月7日のみ/全席指定・税込)

大阪公演
11,000円(全席指定・税込)
出 演 古川雄大/
馬場ふみか 浜中文一 
大鶴佐助 章平 堀部圭亮/
銀粉蝶 ほか
スタッフ
  • 作:エドモン・ロスタン
  • 脚色:マーティン・クリンプ
  • 翻訳・演出:谷 賢一
お問合せ 東京公演
ゴーチ・ブラザーズ
03-6809-7125(平日10:00~18:00)

大阪公演
キョードーインフォメーション
0570-200-888(11:00~16:00 日・祝休業)
主 催 「シラノ・ド・ベルジュラック」製作委員会

チケット販売情報ほか詳細は
近日中にご案内致します。

ページトップへ